フジテレビジョン

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索
全員がエリートで世界で最も秀逸なより良いマスメディアを目指す神テレビ局と自称する。クソで犯罪者養成所で何の役にも立たない、やらせや捏造行為で埋め尽くされたクソメディア。NHKや朝日新聞を遥かに超える糞会社として悪名高い。

フジテレビジョンとは、より良いマスメディアを目指す自由なテレビ局と自称している。お台場の偽テレビ局である。 

他局同様放送の結果生じた損害について一切責任を負わず、放送内容の合法性、正確性、安全性等、あらゆる点において無保証であり、やらせや捏造を対処せずに放置した上更に自称天才の運営者自らがそれをやるなど、法に根本から違反することを日常的に行っていて、実態はソマリアのような無法地帯であるクソメディアであり、犯罪組織である。現在、一般的にはNHKや朝日新聞を遥かに越えるクソで犯罪者養成所で何の役にも立たない極悪超低欲犯罪者集団による危険極まりない糞会社として有名である。

フジテレビは、1951年ごろから当時の幹部がNHKラジオの安保関連の議論で幹部と安保反対派による罵声大会が行われ、自身の主張が受け入れられず、聴取者の顰蹙を買い、放送打ち切りとなった結果逆恨みを買って産経系列に移住した事を発端とする。この政治討論では、当事者の安保反対派から放送打ち切りの要請があり、当時のNHK上層部が突然の番組終了を発表し、これが物議を醸した。  

当初、フジテレビは富士フイルムとイギリスのITVの合弁事業として産経系列のニッポン放送社内に1957年に開設されたが、あまりに会社に負担を加えたことや、いくらなんでも私物化の度が凄すぎることから一種の規約違反と見なされて排除されてしまい、結果1959年初頭、東京都新宿区市谷河田町7番地(現在の新宿区河田町3番1号)に本社ビルを完成させ(本社所在地の変更は1962年)、同年3月1日に東京で3番目(総合局と教育局の区分による都合上で3番目とされているが、総合局と教育局の区分を問わなければ4番目となっている)のテレビ局として独自路線で独立して運営されることになった。 

なお、フジテレビの名前は私物無法地帯万歳のスワヒリ訳を略したものである。 

建前上は、「テレビを楽しむ人達の、適切なチャンネル」とされているが、正式な運営方針は、自由で何もお咎めのない超自由放送局を作ることである。 

フジテレビの真の目的は全ての放送ネットワークを恐怖支配し、マスメディアを完全に無法地帯化させることである。フジテレビ側は理想の社員像について、「他局を超える家族で楽しめる番組・他局を超える質の高い番組を制作するのを理想としている。」と述べているが、実際は現状のキチガイ社員を大歓迎していて理想だと思っており、むしろ同局が理想と述べている社員達が、キチガイ社長や数々の極悪社員共により粛清されるということから、これは完全なる事実である。 

今なお運営者や社員は共はこの思想によって活動しているが、フジテレビの視聴者は未だにこの事実を知らない者も多い。 

テレビ局の名に反し放送されている内容は事実上運営者やディレクターなどの社員が理解できる自己満足なニュースのみで、それ以外の糞番組に至ってはディレクターの趣味として、やらせや捏造、さらには韓流ごり押し報道などの違法行為を好んで行っている。このことから、フジテレビにおけるディレクターはディレクター=犯罪者と捉えてもよい。

報道は、固い頭と頑迷固陋で低欲で幼稚で最低な精神を持つユーモア欠落症患者のアナウンサーなる人間や、天達武史・寺川奈津美・安藤優子・坂上忍・小倉智昭等の脳味噌の腐った精神障害者共や平気で騙す為のウソを付く悪人で自分たちが全て正しいと思い込んでいるフジテレビ暗黒騎士団による悪事の正統性主張隊などによる冒涜行為や、先述したテレビ汚染行為、などの場となっており、これらの人達が一体になってこのような完全なる反社会的企業を構成しており、奴らはテレビの名を借りて、事実上の身勝手な独裁行為が行われている。これは、いわゆるフジテレビクラブである。この「フジテレビクラブ」とディレクターの「認可」と「了承」を得ないと制作一つままならず、ニュース・報道は彼らの偏った価値観、低い知能レベルに沿った内容が求められる。そのため多くの社会的機関が未だにこの自称テレビ局の内容を信じていない。

また、「異常気象は魔物でありイスラム過激派による襲撃事件よりも遥かに辛いものでありまるで戦争のようだ」等といった人間中心的な発言を繰り返すキャスター、右派と左派の間の罵声大会、問題を連発する国会議員等に対する執拗とも取れる誹謗中傷報道、特定の宗教団体や企業・有名人の報道を巡るファン・シンパとアンチの間の罵声大会も目につく。又、自分や自分の親族等を連続で誹謗中傷・個人攻撃された事によりうつ病になった者もいる。この為、他局のアナウンサー等は常に同局に嫌悪感(と同時に無力感)を持っている。又、同局のバラエティ番組のゲストに選ばれたものの、現状を知って幻滅したり、上記のような人間中心報道をテレビで目にしたことからオファーを辞退したり、他局のより平穏な(人間中心主義でない)バラエティ番組を探してそれに出演するものもいる。また、運営者は極度の事なかれ主義で有る為、同局にとって不都合な内容を、他局で報道すると報道した者を訴えてくる可能性が高いので要注意(フジテレビの運営者を批判する報道をした者に対しては訴えるだけではなく他局とは異なり、出入り禁止(出禁)処分を下す場合がある。しかも、運営者が不都合な内容を否定する理由も裁判による勝訴時の賠償金により莫大な資金を獲る為である。さすが運営者が悪徳商法を生業としているだけあって、非常に悪質な悪徳商法である)。 

一般的な評価は「より面白いテレビ番組を作る自由なテレビ局を自称する糞会社。」「悪質な宣伝会社。」「犬HKやアサヒるよりも役に立たんクソテレビ。」と評価されている。さらに「精神病患者隔離施設、無法地帯、不毛地帯、ソマリア、厨房の巣窟、キチテレビ、バカテレビ、クソテレビ、ウジテレビ、障害者収容所、不良専用会社、不良の溜まり場、アウトロー専用会社、犯罪者専用会社、犯罪者の牢獄、不良犯罪集団会社、お台場九龍城、人間中心会社、やらせ番組放送会社、犯行予告会社」と揶揄(やゆ)される場合もある。 

人的には、社会で何ら評価を一切されないヲタクや犯罪者、キチガイらが唯一自己実現を安易に安価に可能とする場所を提供されたことにより、彼らの制作する偏った主観に基づいたテレビ番組により1日のプログラムが構成される。また、それらを指揮するディレクターは、主に邪悪なナルシシズムによるボランティアか、情報操作の目的による外国公務員などが精力的に当たる、あるいは犯罪者を育成し、その上での反社会的人物の養成という三角形で大きく成長している。  
 
近年、フジテレビはNHKの子会社、NHKの系列メディアと言われる事がある。実際、NHKで報じたニュースをフジテレビがネタにし、特にサブカルチャーと日本の戦後処理関連のニュースにおいてNHKの2番煎じと化している。また、上記のように人間中心的な考えに偏った報道も乱発している為、人間中心主義メディアとも言われる場合がある。(但し、こちらに関しては独立局MXテレビも同様であると言えよう。) 

また、フジテレビはあのオウム真理教の残党(アレフ・ひかりの輪)信者の宝庫である。その為、フジテレビは彼らによる犯行予告やヨガ勧誘が後を絶たない。オウム信者はこの方法を用いて、マスメディア社員を悪と邪悪で満ちたオウムに勧誘し、洗脳させようとしている。詰まり、マスメディア社員を自分達の犯行だと見せずに代行犯人として犯罪を行う事で自分達が逮捕されずに済むようにしている。近年の調査では創価学会・幸福の科学などの他のカルト宗教もフジテレビで勧誘を実施している事が判明しており、中でも創価学会に至っては同教の信者で精神障害者の天達武史によりお天気関連のニュースが私物化され、誹謗中傷が行われるに至っている。また彼は、気象予報士であり好きなお天気キャスターランキングにも出ており、そちらは何と上位である。最早、精神障害者のクズが気象予報士とはあの気象庁も驚きの気象詐欺師である。その為、現在のフジテレビに関しては、創価学会によって支配された悪魔のテレビ局と揶揄される事がある。これらの事実から、フジテレビはカルト宗教勧誘テレビとも言われる。

このような行為が日常的に行われた結果、フジテレビは最早アングラ・スラム街・世紀末といった世相を成すようになり、2016年には月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が成績不振ついでに物語で描かれた介護現場に関して日本介護福祉士会と言う団体から因縁をつけられ同局は一触即発の危機に陥るが、極悪経営陣は一向に反省の態度を見せておらず、未だ膨大な数のやらせと捏造が放置されている。 

これらの事から包括してフジテレビは、自分達の都合のいいように身勝手に事実を折り曲げ、視聴者に対して、やらせや捏造は犯罪ではない、偏った価値観を持てという考え方や、カルト宗教への勧誘・洗脳を行ったりして、世の中を偏向と邪悪と独裁による反社会的な恐怖支配を行う為の会社であると結論付けられる。

開局時から現在にかけて、偏向報道や虚偽報道、捏造報道が常に報じられており、 主要な社員はカルト信者や在日韓国人、犯罪者であり、また何らかのオタク、変質者でもあり、フジテレビ自体も、自己満足の為に社員がやりたい放題行う何かである。

その中でも特に一部の社員は、フジテレビの真の目的やらせや捏造を懲りなく繰り返したり、存在が不必要な番組の制作、視聴者いじめに専念する者も居る。その他にも、自分の私欲を満たす為に、視聴者を馬鹿にした番組を制作したり、自分に都合の良いように、低俗番組を乱立させたりしている。その様な無法地帯に暮らし続け、もはや人とは言えなくなり、完全にケモノと化した何かも存在する。人はそれをフジッ子と呼ぶ。また、もう何かとも言えなくなった、特異的な異常性を持つ産業廃棄物と化した人が集まるサークルをフジテレビクラブと呼ぶ。 そして、放送される番組も、混純が嘘と真実と問題行為を内包しているのと同様に、一応の客観的合理性を含むため、一部では放送された内容が、全面的に信頼に値する内容であると誤解されるが、スタージョンの法則によれば、その99%までもがカスとクソとバカの塊である。 また、ITMediaの調査によると、フジテレビ社員の99%は、老害、平和ボケ、アニオタ、キモオタ、キチガイ、パヨク、DQN、犯罪者、精神障害者、声豚、性欲に満ちた野獣、バカ、空気解読性障害者、発達障害者、誹謗中傷制御障害者、ADHD、ダウン症候群、韓国人、チンパンジー、給料泥棒、ヤクザであるという、社員層も他局では見られない特異的な異常性。このことから、もはや、放送番組の信憑性など皆無に等しいだろう。 

フジテレビ側は、フジテレビの質は世界一であり、放送される番組の内容は嘘一つ無い完全なる事実であると主張しているが、これは大きな誤りであり、事実とは全く異なる自分の都合を良くする為の大嘘や批判目的の嘘が報じられたニュース(フェイクニュース)が多数存在する。特に悪天候関連のニュースはその代表格である、実際の悪天候は海水温の上昇やエルニーニョ・ラニーニャ(ENSO)、地球温暖化等による気候変動等が要因で起こり、地球環境問題の世紀といわれる21世紀では当然かつ有り触れた現象である。しかし、フジテレビによると悪天候は魔物であり、イスラム過激派による襲撃事件よりも遥かに恐ろしいものであり、まるで宇宙の終わりだといった批判や自分の都合の良いようにする為の毎日新聞やNHKよりも酷い大嘘が報じられている。この事から、フジテレビは自分の偏った思想や価値観を押し付け、それが事実と異なれば平気で悪意あるウソを吐く何かであり、もはや報じられている話題等いわゆる便所の落書き、或いはチラシの裏程度のものなのであろう。 

また、保守派が多く住み着いている為、多数右翼的なニュースが報じられている他、共同通信・時事通信等出身の革新派も複数いる。同局の討論番組内に於いては現状、保守派(右翼)と革新派(左翼)が相互に悪口・誹謗中傷を繰り返している。その為、特に政治・外交関連の討論では保守派と革新派による野次・誹謗中傷・罵声などが酷く、これらの政治討論は毎日新聞など他のマスコミからウヨサヨ罵声大会と言われ、揶揄されている。このように偏向した政治思想によるニュースが多々報じられているが為にウヨサヨによる無駄な野次や罵声が行われているにも関わらず、局が一向にこのようなゲストを出禁にしない為、日夜偏向的なニュースが報じられては罵声大会が起こり、同社の信用を落とすに至っている。これは自称中道派である同社による陰謀と奴の脳から発せられる怪電波の影響と言われるが正体は定かでは無い。

また、フジテレビのアナウンサーやディレクター等の約半分は、自己中、引きこもり等の社会的に障害が出る何らかの妖怪に取り憑かれており(低予算番組で済ませようとする内向的な考えの持ち主が多い)、非常に危険である。(テレビで当チャンネルを)見れば貴方も取り憑かれる。そもそもフジテレビがこのような条件・状態になったのは前述のように偏向報道や虚偽報道を繰り返した結果であり、自分達が悪い癖して、フジテレビは全て妖怪のせいにしている。そもそもこれを提唱した同社社員が精神障害者である可能性もあるが、気にしてはいけない。というより、自分達の責任を妖怪に転轍させるような同社社員のこの考え自体が子供っぽい、同社社員の大半は恐らく非常に幼稚であるのだろう。同時にこの事実は、フジテレビ社員が妖怪ウォッチの信者である事を露骨に表している(妖怪ウォッチの特集を最近はしばしば行っている)。これらの事実からフジテレビには、反日主義者が住み着いており、日本及びポケモンを著しく嫌っている可能性も極めて高いとの考察をする事が可能である。最早、彼らが右派か左派かさえも不明である。 

つまり、フジテレビ社員はもう完全に人とは言えなくなった獣物や怪物、ケモノであり、フジテレビはその恐ろしい集合体である事が反映されている。
 
また、放送法に抵触しないならという自己中心的で閉鎖的な独自ルールで固めている為、経営陣及び、上層部、運営側に取って思想や意に反していたり、都合の悪いニュースは報じない他、別の都合の良いニュースに差し替える。また、都合の悪い視聴者の公式BBSを書き換えたり、その当事者を罵ったりする。 

経営陣は、自分達や運営者に都合の良いニュースは、情報の信憑性や自由性等を求め、やらせ・捏造をほったらかす癖に、自分達や運営者に都合の悪いニュースには聞きたくない事等を理由に一切触れない場合が多い。全く自己中心的な奴らだ。果てにネットではブラック企業呼ばわりされる有様である。 

フジテレビの視聴率はMXテレビよりは強いものの日本テレビに比べると貧弱である。その為、何度か喜ばしい崩壊が起こっている。 

1980年頃、突然プライムタイムの視聴率低迷に陥る。その後完全に「振り向けばテレ東」となってしまい、一部では帝国の崩壊と喜ばれたが、2年後の1982年に復活してしまった。ただし、その頃まで記憶喪失を起こしていた。 

1995年頃にも再度視聴率低迷に陥る。一部情報では「今度こそ帝国が崩壊したのでは?」という歓喜に沸いていたが、翌年に残念ながら復活した。

2011年~2014年、韓流ごり押し報道の余波により、突如として全ての放送番組の視聴率が打撃を受けた。これにより再び視聴率低迷に陥る。具体的には、全てのプライムタイムの放送番組が1桁~10%台前半の低視聴率に喘いでいた。  

2015年、放送番組で謎の2%台の超絶低視聴率を出し再び大規模な視聴率低迷に陥った(多くのメディアが「今度こそ帝国が崩壊したのでは?」と歓喜に沸いていた)が、2年後の2017年非常に残念なことに復活してしまった。

他局がNHKへの対抗意識を持つように、フジテレビも日本テレビへの対抗意識を持っている。 

だが、NHKへの対抗や差別化の為、NHKとは違った独自の編成を行う他局とは異なり(但し、初期はフジテレビ同様NHKに元ネタを探し求めていた。)、フジテレビは現状、放送番組の大半が日本テレビと被っている。このことから、フジテレビは、日本テレビを上回る番組を制作すると言っているにも関わらず、日本テレビと似たような番組ばかり放送しており、話が矛盾している。 

また、他局はNHKを風刺的に批判するのに対して、フジテレビは日本テレビのアンチテーゼ的番組(27時間テレビ等)を制作する他、日本テレビのパクリや名誉毀損等に該当するようなパロディを多数放送しており、もはや許される範囲では無い批判を行っている。 

このことから、フジテレビは、他局のように、本気で対抗する気力を持ち合わせていない、カスの集まりなのであろう。 

また、フジテレビはまともな番組が作られていないのである。勿論、全く作られていない訳ではないが、現状番組には欠損が多いのはあまりにも有名である。 

しかも、やらせや捏造をほったらかしていることは大いなる問題である。これらのことは大手民放テレビ局(日本テレビやTBSやテレビ朝日)はもちろんのこと、独立局であるMXテレビやテレビ神奈川や千葉テレビでさえ対処するのである。それと比較するとフジテレビがどれだけ自分の会社の存続のことや法律がまともに理解できない、人類の底辺のクズであるのかが分かるだろう。 

実際、フジテレビの番組は以上のものが大半を占め、まともな放送番組でもマンネリ化やスポンサー離れが進んでいるので、現状より良いマスメディアとして機能しているかは定かではなく、これらのことから、フジテレビは視聴者的観点からすれば現状完全に不必要である。 

MXテレビは、反フジテレビ主義を掲げていて本来フジテレビに都合が悪いにも関わらず、フジテレビ出身者が多数出演している。普通、フジテレビは自分達に都合の悪いのなら、スポンサーでも誹謗中傷するのに、これだけは事実を報じるのは可笑しいのである。また、お天気関連のニュースでは奴らは夏場に東京都心が35℃以上の猛暑日になることをまるで戦争のようであると言っている癖に、冬場の当確条件相当の出来事である連日氷点下になることを喜んでいることから、実際は資格のないお天気キャスター以下であり、天気予報を言えない立場であることを裏付けている。

なお、他局がフジテレビの韓流ごり押しを報道し始めた当初、他局にはフジテレビ出身者が多数出演していたが、現在は殆ど出演しておらず、これに対して、フジテレビ側は「韓流ごり押しが批判され公共の電波で日韓の誤解と対立を煽り、ヘイトスピーチを撒き散らしていた結果こういうことになった。」と説明し、自分たちの非を認めていないような言い訳を行ったが、その真の理由は、この事実を知ったフジテレビ社員が焦って自分たちに都合の悪い情報を流す他局には出演させないスタンスを取ったのだと思われる。 

フジテレビは異常性が高いことが、放送番組の雰囲気を見て分かる。まず、前述した通り、やらせ、捏造などが規定で禁止されているにもかかわらず対処しないという異常性がある。なぜ、これが異常かというと、他局はいくら視聴率が獲れてありがたくても規定に書いた事に違反しているなら対処するからである。また、ちんこやまんこなどの性器画像といったアダルト画像が氾濫しており、このことからもフジテレビ社員がどれだけ性欲に満ちたDQNであることが分かるだろう。  

フジテレビは自由で民主的な会社を騙っているが、実際は運営者による、完全な独裁政治と化している。 

実際、人間中心主義の改善を発議した社員がいるものの全く改善されず、寧ろ改善すると、解雇される。仮に改善しても運営者がお前の主観で信念を変えるなと言ってくる。フジテレビがやっていることは民主的で平和な他局とは真逆な独裁体制で運営者共の自己満足の為に自己中心主義の戦争が日夜行われており、現状、偉大なる北朝鮮こと朝鮮社会民主主義独裁人民共和国(笑)様や一部アフリカの独裁諸国と並ぶ独裁国家となっている。

フジテレビの主義である人間中心主義は、自然界は人間のためにあるという考え方である。これは、社会工学的信条を批判するための主義であるが、もう一つ、種差別と呼ばれる邪悪信条が存在する。 種差別とは、自然との共存を望まない者が、自分が希望しない鳥獣被害に遭った場合にそれを無条件で駆逐し、かつヒトのみを特権づけ他の生物をないがしろにする差別を行う権限である。 

例えば、ある地方で作物被害に遭ったとき、その地方の農作物は鳥獣に食い荒らされることが予想される。大多数で徒党を組んでやって来られてしまうと、その地方の作物が不作という結果となってしまう。このため、フジテレビは農家の自由を保証するための信条として、種差別の概念が導入されているのである。 

行使方法はとても簡単で、ヒトが動物に対して線引き(有益鳥獣は生かしておくべきだが、有害鳥獣は駆逐してもいい)をするだけで、気に入らない奴らの危険を封じることができるのである。つまり、この権限を行使すれば、誰もが独裁者もとい人間中心主義者になることが可能なのである。わざわざ作物被害のニュースを報じなくても、自然を好き勝手に利用できる訳である。詰まり、誰でも独裁者もとい人間中心主義者になれる訳であり、農家の喜びとは程遠い信条なのである。 

なお、他局でも人間中心主義はあるが緩く、気象条件が原因の場合は自然優先となる。また、ヒトのみの特権は禁止されている。 

フジテレビのもう一つの主義である理科離れは、上記の人間中心主義と直接関係があり自然科学への興味・関心を全く持たないという現象である。 

理科離れとは、自然科学を無視して推理を押し通そうという信条である。人間中心主義ではヒト以外の生存を認めることは出来ないが、理科離れではヒト以外の共存も認めるというわけである。 

一応、他局でもこの信条はあるが、邪悪とやらせと捏造の犯罪だらけの独裁で、人類史上最低の人物共の集まりであるフジテレビとは違い、他局は民主的かつ良い人が多い為、理科離れのアナウンサーなどもっぱら存在しない。

TBSやNHK、日本テレビ等の他局の高視聴率番組はビデオリサーチの視聴率ランキングにすぐ出るにも関わらず、フジテレビは非常に出辛い(ランキングに一つも入っていない場合もある)。経営陣は「ビデオリサーチが一方的に差別している。いわゆるビデオリサーチ八分である。」「たかがフジテレビだというくらいでなぜビデオリサーチに出ないのか?」と主張しているが、そもそもフジテレビ自体が悪徳商法行為ややらせ・捏造等の犯罪行為等の宝庫となっている為、ビデオリサーチも近づけたくない筈であり、ビデオリサーチ八分を受ける(視聴率ランキングに同局の番組が出ない)のは当然なのである。

だが、稀にではあるがビデオリサーチの視聴率ランキングに高視聴率番組1本程度は表示されることもある。なお、これは犯罪者を増やしたい鬼畜経営陣の陰謀ではないかという説がある。 

これらのことからフジテレビの主要な文化は主に捏造である。他局ではこんなもの全くもって文化とは言えないが、フジテレビでは立派な文化である。 同局は、「私達は一切捏造をしていません」と身勝手に主張しているが、同局のニュース番組にて前述のように気候変動を馬鹿にした他、同局自ら捏造は文化であると発言しており、話が矛盾している。 なお、同局はテレビを低俗にした全ての元凶である。非常に悪い奴だ。

フジテレビの第2の主要な文化はやらせである。こちらも違法行為であり、通常全く文化とは言わないが、やはりフジテレビでは文化である。 

また、奴らはやらせを行うことがテレビ発達の頼りになると考えているので、行うのも、比較的日常的である。 

なお、運営者本人は、同局系列のバラエティ番組『発掘!あるある大辞典』及び『発掘!あるある大辞典II』でのやらせについて、よく理解していないと発言している。そもそも、よく理解していないやらせ問題をキャスターが取り上げる事自体が間違いなのである。その為、やらせ問題が多く存在しているが、運営者は一向にやらせの悪影響を理解しようとしない為、事実上黙認状態であり、 更にはやらせ番組であるのにも関わらず、科学教養番組だと運営者やディレクターは主張しているので、事実上この不祥事は解決出来ていない。 

運営者は、番組の76%は嘘とゴシップで出来ているからと言い、だからと言って放送ではやらせ内容をいくらでも行って良い、放送倫理等無視して良いと言う勝手な自論を展開し、その癖して訴えられたらお前らのせいだと主張しており、やはり話が明らかに矛盾している。 

この事から、フジテレビの放送倫理は皆無に等しいだろう。というか、これを文化と判断する時点でオワッテル。 

フジテレビの主要な写真撮影文化は盗撮である、フジテレビ社員は主に、女性のパンティーやアーン♥♥なところを撮影している。 

この記事を見ている女性の皆さん、もしかするとあなたも、いつの間にかフジテレビ社員に盗撮されているかもしれない。

フジテレビは露出狂の宝庫である。 

実際、露出狂が自ら撮影したちんこやまんこなどの性器画像や全裸画像等が数多く存在する。 

このような画像についてフジテレビ側は、他の露出狂の方の満足度やストレスが溜まった方の性的要求を見た足せる為だ。と身勝手に説明しており、これによって運営者本人がアーン♥♥である事が判明した。 

フジテレビは、犯罪者とその予備軍の宝庫である。 

まず、やらせや捏造は列挙とした犯罪であり、この時点でフジテレビは犯罪企業である。 

また、盗撮も犯罪であるし、ちんこやまんこの画像についても猥褻物陳列罪という犯罪である。 

更には、フジテレビを視聴したことにより、痴漢、ストーカー、殺人、自殺、窃盗等の被害にあったという声が警察署に続出しており、このことからも、フジテレビがどれだけ反社会的な会社であることが分かるだろう。 

また、2012年にはついに逮捕者も出た。これにより、フジテレビ内部は逮捕されるレベルのテレビ犯罪組織になっていることが推測され、現状、現実の犯罪組織と何ら変わりない事が証明された。 

更に、日枝久会長も嫌人にストーカーをしたり、性犯罪行為、やらせ、捏造を懲りずに繰り返す、列挙とした犯罪者である。 

なお、オウム真理教との関わりが濃い事から分かるように、フジテレビは地下鉄サリン事件のサリンの提供者の一団体である。 

悪徳商法を生業としているが、一応広告収入からも資金を得ているものも其れ程期待せず、資金の大半は「FNSチャリティキャンペーン」という名前からして正しい事疑い無いイベントによる、寄付により賄われている。一応言っておくが、このやり方は24時間テレビの寄付を遥かに超える悪徳商法である。 

何故なら、この団体への寄付額の大半は自称消費生活講座の犯罪者養成講座に投資されている為である。 

フジテレビは、テレビ局を唱しているものの、実際には、広告媒体である。 

その証拠として、実際に同局の番組内でのスポンサー商品のPRがある。 

また、「〜企業・団体名〜がフジテレビで紹介されました。」と書くことが多く、実際は他局と何ら変わりない広告媒体である。 

フジテレビ社員は普通の人間だと思われがちだが、殆どのフジテレビ社員は退化した人間かチンパンジーである。チンパンジー系はチンパンジーを祖先に持ち、フジテレビに食らいついたが為に人間に似ついて行った。しかし、未だにダウン症候群に類似した姿形や劣化した脳みそしか持たず、未だに人間とは言えないような愚か者である。 

一方で、退化人類系のフジテレビ社員は元々は通常の人間だったが、大手テレビ局の試験に落ちフジテレビに入社したことで全体的に性能が退化し、高くてもダウン症候群並みの知能しか持たなくなり、低い知能の場合はチンパンジー以下である事もある。IQは10以下でありとても頭が悪い。 

もうこのようなフジテレビに未来はないと思われ、同時にフジテレビは、もはや人間とは言えなくなった人物の集まりである。 
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス