フジ・メディア・ホールディングス

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索
フジ・メディア・ホールディングスとは、捏造・韓流ごり押しの無法地帯として各地から悪名高いフジテレビを統括する大変恐ろしい本部機能を持った人工惑星である。 健常者に対して、よりよい制度を持つ放送局のスタッフ募集との回游を行い、捏造の常習犯にさせる有害な人工衛星であり、画期的な試みとして、捏造の常習犯が大半であると他局(特にTBS)から言われている。回游対象者は、前述した通り健常者である。  

当衛星が行っているのは、企業犯罪であり、存在しないニュースを朝・昼・晩関わらず流すことで、視聴者に誤解を与え、誤った考えを横行させるものである。

乗機するには、まずフジテレビに入社し捏造でないニュースを報じた場合、乗組員の資格ゼロと判断され、すぐに降機とされる。 

他の衛星とは真逆であり、99.9999999999999999999%が捏造の常習犯であり、捏造報道すると一般乗組員として認定される。 明らかに普通(健常者)である場合降機となる。 衛星としては株式会社フジテレビジョン、株式会社ビーエスフジ、株式会社ニッポン放送、株式会社仙台放送※2016年12月20日より連結子会社化株式会社WOWOW、日本映画放送株式会社、株式会社スペースシャワーネットワーク株式会社共同テレビジョン、株式会社共同エディット(共同テレビジョン子会社)等を操作している。

衛星側は異常すぎる行動を何度も繰り返している。以下では、このような例を挙げる。 
1.人工衛星を自称しているにも関わらず、怪電波を流す。(逆人工衛星)

2.障害者が乗組員である。

3.リーダーのフジテレビ歴代社長も捏造の常習犯である。

4.天変地異などの神現象を誹謗中傷する。

5.乗組員が、お前死ねなどを連発する。

6.番組に関しては意味不明なバラエティ・捏造バラエティを対処しない。むしろ歓迎される。

7.乗組員は、自身を神だと思っており、健常者を病ませる為なら手段を選ばない。
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス