プロジェクトX

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索

[編集] プロジェクトX風コピペ


「プロジェクトX~挑戦者たち~  レクサスの挑戦。奇跡の利益率-高級ブランドっぽい車の誕生」 

 トヨタから、もっと利益率の高い車をを作れと迫られていた。 思案に暮れていたとき、社長は意外な事を言った。 
 「部品品質の手を抜いてみたらどうだろう」 工場長は戸惑った。 高級車から品質の手を抜いたら高級車でなくなってしまう。 

 「無理です。出来ません」工場長は思わず叫んだ。 「俺たちがやらずに誰がやるんだ。俺たちの手で作り上げるんだ!」 
 社長の熱い思いに、工場長は心を打たれた。商人の血が騒いだ。 「やらせてください!」 

 それから、夜を徹しての偽装高級車作りが始まった。省ける部品は省きまくる毎日だった。 
 しかし、本物の高級車の味は出せなかった。 工場長は、来る日も来る日もコストと戦った。 

 いっそ、BMWに転職すれば、どんなに楽だろうと思ったこともあった。 追い詰められていた。 
 そこへ社長が現れた。そしてこうつぶやいた。 「発想を変えるんだ。高級車は走りだけで高級なんじゃない」 

 そうだ。内装だ。内装とか見た目だけ高級にする手があった。暗闇に光が射した気がした。 
 工場長はプラスチックに、何だかよくわからない表皮を貼って見た。 
 高級車特有の手触りが蘇った。 「これだ、これが探してた俺たちの高級車なんだ!」 

 内装だけの偽装高級車の誕生だった。 
 社長と工場長と従業員は、工場の片隅で朝まで飲み明かした。 工場長は、充足感に包まれ、涙が止まらなかった。 

 「社長、完成した車で日本海に叫んで来てもいいですか」工場長は言った。 
 「ああ、いいとも。だが制限速度は守れよ。中身はトヨタのままだからな」 社長は自分のジョークに、肩を揺らして笑った。 
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス