冬季ねあ

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索

冬季ねあ(ふゆき ねあ、1992年3月18日-)は、同人レーベル・スクランブル残党と冬季ねあ漫画家事務所 に所属する福岡出身、立花高等学校出身の漫画家、キャラクターデザイナー、歌手、声優、アイドル。 性別は男性。血液型はA型。


目次

[編集] 概要

福岡市東区和白にある立花高等学校卒業。 百枝凛音(ももえ・りのん)のアーティスト名でも活動している。

高校時代に女性アイドル歌手の野沢あやが代表を務める同人サークルのスクランブル残党に入り、 アーティスト活動を始める。

最初は歌手としての活動に限られていたが、声優やキャラクターデザインへと次第に活動の幅を拡げていった。

出演や手がける作品はアニメやゲーム関係のタイトルが主である。


[編集] 名前の由来

本項では表記上の混乱を避けるため今の冬季ねあのことを「百枝凛音」または「彼」と呼称する。

もともと冬季ねあのアーティスト名は、百枝凛音の母校・立花高校の大先輩に当たる野沢あやの漫画家名だった。 2004年に、百枝凛音がかつてスクランブル残党の代表だった学校の先生の紹介により、初代・冬季ねあに当たる 野沢あやと出会い、二人は意気投合し漫画「Ark」の共同制作を手がけた。

これがきっかけで「冬季ねあ」の名前は野沢あやと百枝凛音の共同名義に変わった。


[編集] 襲名

2007年に野沢あやが漫画活動を休止すると、母校・立花高校への愛着などから、 当時、弟子でもあった百枝凛音が高校を卒業したら、「冬季ねあ」の名前を彼に 完全に引き継がせることを決め、2010年春、彼が高校を卒業すると、野沢あやは冬季ねあの漫画家名を完全に襲名させた。

野沢あやの漫画家名から出発し共同名義時代を経て、百枝凛音は冬季ねあの名前を完全に引き継いだ。


[編集] エピソード

2010年2月28日、野沢あやは後輩の高校卒業を見届けるため、来客として卒業式に出席した。 卒業式本会終了後、野沢あやはお祝いムードで賑わっていた教室に入り、後輩の百枝凛音へ 冬季ねあの襲名と権利の譲渡を宣言すると教室中から拍手が沸き起こったという。

野沢あやが襲名を行った理由として、襲名は日本の伝統文化であり、伝統芸能の世界では 度々襲名が行われてきたが、漫画家では襲名が行われた前例が無かったため、

自ら漫画家襲名の第一人者になること、 付け加えて、冬季ねあの名前をそのまま眠らせておくのではなく、本名が同じ 「ふ」から始まる弟子に継がせなかったことを挙げている。


[編集] その他

2016年1月4日、大手イラストサイト、ETOPICAで冬季ねあの公認アカウントが運営サイドによって開設。 冬季ねあのオリジナルキャラクター年賀状が公開された。

また、冬季ねあと同じスクランブル残党メンバーの天神有海、野沢あや、中村春香、廣重綾、藤井欣も公式 ツイッターを通じて、ETOPICAで年賀状イラストを掲載している。

2016年2月9日、ETOPICAを運営するビーグリーが管理する大手コミック電子書籍サイトで、 冬季ねあが中学時代に野沢あやと共作を手がけた、SF漫画「ark」の3巻が電子書籍として復刊リリースされた。

2016年2月、音楽会社インディーズジャムからリリースされるアルバムCD「indiesJAM 2016Hits」に 冬季ねあがボーカルを務めたアイドルソング「ハートビート・リノンサイド」が トラック10曲目に参加収録され、歌手としてもCDデビューした。

作詞作曲は声優の天神有海が担当している。

冬季氏は過去のウィキペディアの記事について不適切・不正確な内容があったとして、公式サイト上で 本人の人格権、見る側の知る権利の尊重を求めて、是正勧告を行っている。

monstar.fm、muzie、ARTISTCROWD、クラウドワークス、ランサーズといった大手サイトで認証済み アカウントを開設している。

[編集] クラウドファンティング

冬季ねあはゆうちょ銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、JAバンクの所属事務所の法人口座から 活動資金の支援を年中無休・現在進行形で募っており、誰でも寄付することができる。 以下JAバンク粕屋農協の法人口座情報は公式サイトから引用。

[編集] 漫画作品

一部敬称略.

[編集] 関連リンク

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス