女尊男卑社会

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索
女尊男卑化社会

目を覚ませ!男は女の掌で操られている事実に!女は男尊女卑社会だと騒ぎたて洗脳しているが、真実は全く逆!実は巧妙な手口で男の方が差別されているのです。

電車の女性専用車両など痴漢対策は建前で、男ってほーんと汚くって臭くってキモーイんだから!あちいってて近寄らないで!という事が本音である。 	 

男女平等という観念は建前でしかなく、男の命より女の命のほうが重いと洗脳されている。
性差別とは女性差別のみを意味し、男性差別は存在しないと考え、男性差別が性差別から排除されている。

男らしさについては改善されることなく放置し続けて当然とされ、以前より男らしさを求められ、ハードルがさらに高く、男性は強く逞しく弱音を吐かず、甲斐性があらねばならないと男性にばかり強さを求めることを当然視する。

男が泣いたりすると、非難され、男なら立ち向かえ!などと逆に無理強いし煽る。 男は悩みがあっても、男は自分で解決しろ!と周囲にと非難され我慢を強いられる。

災害においては確実に女性が優先的に助けられ、男は見殺しにされる。生命の尊厳に関する性差はあってはならない。男性蔑視思想を持ち今の若い男は軟弱だと誹謗中傷し、徴兵制を強制することを主張する者さえいる。 	 

ゲームセンターで、プリクラコーナーへの男性の立ち入り禁止をしている。女性のみ利用しやすく事実上男性客を締め出すコンビニエンスストア。国自体が女性専用車両の導入設置を推進している。経済産業省は優遇金利適用や担保徴求免除の特例等を旨とする融資制度に女性に対してのみ開業・創業の支援を行っている。 	 

男性にのみに極めて過重な力仕事を強いることが正当化されてしまっている。
労働において男性にのみ力仕事や危険な仕事を強いていることが多い。女性というだけで一律に力仕事を免除されている。男性というだけで強制的に力仕事をさせられている。

殆どの女性が何ら不利益措置を被ることなく育児・介護といった言い訳で人事異動を免除されている。男性が育児・高齢な親の介護・配偶者の妊娠等同様の理由で免除を申請しても認められることはない。求人で男子の極端な染髪・長髪は不可。と男性差別の採用を公然と行っている。
 	 
男性自殺者のほうが女性の3倍近くも占めているのはこのような男性蔑視の女尊男卑が背景にある。 	 

女性から男性へ強制的な性的接触を先進国のほとんどが道徳的に認めてしまっている。妻に性交を迫った場合「強姦罪」が成立する。夫が嫌がった場合は「離婚」の正当な理由として認められる。

13歳以下の男女によるお互い合意のセックスでは、男性だけが罪に問われる。 男性がレイプされても加害者の罪は強制猥褻罪。 	 

男性用トイレに危急に入って来る女性がいる。男性が女子トイレに入ると逮捕されるのに 、全くと言ってよいほど問題にされない。 	 

男性料金・女性料金が設定されている所では、男性のほうが高額に設定されサービスを受けられる年齢も男性のほうが高年齢に設定されている。しかも逆の場合は差別とされている。 	 

内閣府男女共同参画局は女性配偶者による男性に対する暴力については一切記していない。
DVに関するパンフレットは男性を加害者としか想定していない。この場合、女性から男性への暴力は黙認している。男性が女性配偶者からの暴力について相談し難く、男性の被害が潜在化している。 	 

女尊男卑を当然視する男性蔑視思想を持ち、日本の若い男性が弱々しくて頼りがいがないと誹謗中傷し、徴兵制復活を主張する者さえいる。男性は徴兵されて死ねばいいなどといった、男性の人権や生命を完全に無視した暴言がまかり通り始めている。 	 

男性の趣味に対しては極めて狭量である。男性の場合は「おたく」と否定的に評価され。人格さえ否定されキモいと罵倒・嘲笑される。 	 
ケータイで撮った動画を掲示板に投稿

女らしさを求めた場合、求めた側が非難される。男らしさについては改善されることなく放置し続けられ、女性への配慮や気配りもつけ加えられハードルがさらに高くなっている。男性にばかり強さを求めることを当然視する。 	 
ケータイで撮った動画を掲示板に投稿

男性が逃げたりすると「女の腐ったの」と非難される。男なら立ち向かえなどと男性であることを理由に危険を煽って無理を強いる。 	 

男性が悩みを抱えても「男は自分で解決しろ」という社会通念があるため、「情けない」と非難され、悩みがあっても我慢を強いられている。 	 

災害においては確実に女性が優先的に助けられ、男性は見殺しにされる。男性の命より女性の命のほうが重いと屁理屈が捏ねられてしまっている。生命の尊厳に関する性差はあってはならないはずである。 	 

性差別とは女性差別のみを意味し、男性差別のことは存在しないと考え、男性差別を排除する男性蔑視政治家もいる。 	 

日本ではレディースデーや女性限定サービスなどの、女性のみが受けられる商業サービス女性特別枠がよくある。
それどころか男性限定の場合は差別であると非難される。 	 

男性トイレに使用中に女性清掃員が堂々と入ってきたりする。男性が女子トイレに入るとたとえどんな事情があっても逮捕される。 	 

女性蔑視の内容が放送された場合は大問題となり即座に中止になるが、男性蔑視の内容を放送しても問題にならず平然と放送され続ける。

男性=悪・女性=善という偏見が先入観として刷り込まれており、洗脳・マインドコントロールされてしまっている。 	 

男女共同参画基本法において女性であることを理由に差別的扱いをするの禁止するに対し、男性であることを理由に裁量次第で男性差別は行っても良いすることは黙認されている。 	 

男性が女性からセクハラを受けたという訴えをしても相手にされない。
訴えた場合、男だからという不当な理由で訴えた側が非難される。 	 

性行為の経験がない女性は「処女」と呼ばれ、純潔であると肯定的に評価されるのに対し、セックスの経験のない男性の場合は「童貞」と呼ばれ、否定的に蔑視・揶揄・罵倒・嘲笑される。 	 

社会通念においても「スケベ、暴力的、いやらしい、変態、臭い、汚い...」など根拠のない男性差別的な取り扱いが平然と行われている。 	 

女性はズボンを穿いても全く問題がないのにもかかわらず、
男性がスカートを穿いて、化粧などを愛好すると変態扱いされ、罵詈雑言を投げつけられ、誹謗中傷され、罵倒・嘲笑される。 	 

多くの国家で男性に対してのみ兵役の義務が強制されている。男性は兵士としての戦力として、社会や軍隊で機能するほうが重要だという男性観が背景に存在している。最も深刻かつ重大な生命に関する男性差別である。 	 

男性に対するファッションの許容度の狭さは顕著である。
女性が季節に応じて服装を変えるのに対して、男性は季節を問わずスーツ姿である。

女性のファッションは、茶髪やピアス・指輪・ネックレス・マニキュアなどの極めて自由度が高いのに対し、男性はスーツにネクタイ、黒髪・短髪と、ファッションの制限を強制されている。 	 

マスメディアは女性差別は大々的に取り上げ、男性差別は無視され取り上げない。 少しでも男尊女卑的な内容が放送された場合は非難の目が向けられるが、男性が虐げられる場合は問題とされず、歓迎される風潮すらある。 	 

世界中で男性に対してのみ兵役の義務など、生存権にかかわる事に強制が行われている。そのことを指摘しても故意に無視され問題視されることが極めて少ない状況に置かれている。 	 

女性を特別扱いすることは当然とされ、女性を批判することは断固として認めないのに対し、男性を低く扱うことは当然とされ賞賛される。このような指摘自体を女性差別として非難する風潮があることは理不尽である。 	 


個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス