日本語版ウィキペディア「東大話法」についての研究

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索

日本語版ウィキペディアにある項目「東大話法」(仮英訳:Rhetorics of University of Tokyo's people)は学生教員卒業生たちが往々にして使う「欺瞞的傍観者的」な(日本語)話法のこととされている。

目次

[編集] 起点

これはインターネット掲示板の記事について、"真実らしさを演出する"方法論のひとつといえるが、信憑性について研究する。

東京大学東洋文化研究所教授を務める安冨歩が2012年1月に明石書店から出版した著書「原発危機と「東大話法」 傍観者の論理・欺瞞の言語」で追究している。

[編集] ウィキペディア中での記事

主な編集者は利用者:Otkoygである。

規則1 自分の信念ではなく、自分の立場に合わせた思考を採用する。
規則2 自分の立場の都合のよいように相手の話を解釈する。
規則3 都合の悪いことは無視し、都合のよいことだけ返事をする。
規則4 都合のよいことがない場合には、関係のない話をしてお茶を濁す。
規則5 どんなにいい加減でつじつまの合わないことでも自信満々で話す。
規則6 自分の問題を隠すために、同種の問題を持つ人を、力いっぱい批判する。
規則7 その場で自分が立派な人だと思われることを言う。
規則8 自分を傍観者と見なし、発言者を分類してレッテル貼りし、実体化して属性を勝手に設定し、解説する。
規則9 「誤解を恐れずに言えば」と言って、嘘をつく。
規則10 スケープゴートを侮蔑することで、読者・聞き手を恫喝し、迎合的な態度を取らせる。
規則11 相手の知識が自分より低いと見たら、なりふり構わず、自信満々で難しそうな概念を持ち出す。
規則12 自分の議論を「公平」だと無根拠に断言する。
規則13 自分の立場に沿って、都合のよい話を集める。
規則14 羊頭狗肉。
規則15 わけのわからない見せかけの自己批判によって、誠実さを演出する。
規則16 わけのわからない理屈を使って、相手をケムに巻き、自分の主張を正当化する。
規則17 ああでもない、こうでもない、と自分がいろいろ知っていることを並べて、賢いところを見せる。
規則18 ああでもない、こうでもない、と引っ張っておいて、自分の言いたいところに突然落とす。
規則19 全体のバランスを常に考えて発言せよ。
規則20 「もし○○であるとしたら、お詫びします」と言って、謝罪したフリで切り抜ける。

[編集] 感想

特に目新しい特徴もなく、簡単な詭弁術のひとつといえよう。かつて宗教法人オウム真理教で活躍した上祐史浩ひかりの輪)代表が得意としたディベートと何ら変わりない。

そもそも"議論説明責任"が成り立つのはそれによって問題の解決が見込まれるときだけである。

[編集] その他

なお

主張しているのが著者だけであり、「実際の東大の学生・教員・卒業生たちが往々にして使っている」ことを第三者から証明されたわけではない。
参考文献が未だ1つのみであり、独自理論の領域を出ていないのが現状である。
「東大の学生・教員・卒業生出身者だけに見られる傾向なのか?単なる扇動商法では」との指摘が一部ある。

と付記されており(これは常識的な記述である。)、著者の単純で便乗的な自己宣伝の要素が認められる。

[編集] もともと

東大話法はオウム真理教信者の東大生の間で駆使された技法の一つである。つまり、傍観者による暴露、とも考えられる。しかしながら、「京大話法」「早稲田話法」「慶應話法」は誰も提起した人物が存在しない。

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス