純愛美少女ゲームの二十則

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索

    すべてのヒロインは少しも隠すことなくプレイヤに示されなければならない。

    作中でキャラが展開する物語以外に、制作者はドラマCDなどで外伝を提供しなければならない。

    作中に恋愛趣味以外の要素を取り入れてはならない。

    制作者がラスボスだったというオチはいけない。

    偶然のフラグや制作者の都合によって物語を尻切れトンボにしてはいけない。

    必ず男らしい役目を務める主人公が登場し、その主人公の行動によって物語が進行しなければならない。

    成人向けが望ましい。それより軽いエロでは長いゲームをプレイさせる力が生じない。

    降霊術、テレパシー、前世、幽霊などの非科学的手法や奇跡などによって物語が完結するのが望ましい。

    主人公は一人が良い。そうでないと、プレイヤは自分でないキャラを操作しているように感じて、感情移入で  きない

    メインヒロインは相当重要な最初からの登場キャラの一人でなくてはならない。

    脇役などプレイヤが最初からメインとみなしていないキャラにもエンドがあるべきである。

    何人のヒロインがでてきても、一つのシナリオでは一人と結ばれるのが望ましい。

    ハーレムエンドなど、複数ヒロインの同時攻略は避けるべきである。

    エッチも恋愛過程も、純愛的妄想的でなくてはならない。一般人による現実の体験談を導入してはならない。

    ルートが決定した後で、プレイヤがバックログの前の方を読み返したみた時、なるほどこの選択肢で分岐する  んだ、ここで別の選択肢を選べば他のルートに行くことができたのだ、と思わせるようにシナリオは管理され  なければならない。

    雰囲気やヒロインの性格描写などは、妄想的興味を妨げない程度に留めるべきである。変なリアルさが入って  はいけない。

    その筋によく精通しているような女たらしを主人公とするのは避けるべきである。セックスなどやりそうもな  い純朴なヒロインがメインであるのが望ましい。

    ヒロインが死んで復活しないというオチでプレイヤを失望させてはいけない。

    物語は非社会的なものが望ましい。

    次に挙げるようないかにも非純愛的な手法は避けるべきである。

        * 脅迫によるヒロイン攻略。
        * 催眠術によるヒロイン攻略。
        * 主人公がナンパ系。
        * ヒロインが売女系。
        * レイプなのに感じたからヒロインは主人公に惚れてしまったという展開。
        * 義妹または死んだ実妹と外見が酷似している非血縁者との恋愛。
        * 媚薬の使用。飲み物に睡眠薬の滴下。
        * エッチシーンで、突っ込んだ後での非処女判明。
        * ヒロインが実はふたなり。
        * ヒロインが実は男。


個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス