753語録

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索

753こと、名護啓介の名言集。

『生まれ変わりなさい。新しい人生を歩みなさい』 
『キバ、お前のボタンはいらない。命を貰う』 
『キバ、その命、俺が貰う!』 
『キバ!今度こそもらうぞ、その命!』 
『ようやく会えたな、キバ!』 
『ファンガイア、その命、ネ申に返しなさい』 
『そういう呼び方は好きじゃないな…正義の味方と呼びなさい』 
『きみは俺の言うことだけを信じなさい』 
『もっと大きな声で言いなさい』 
『貴様になにが分かる!俺に逆らうな、俺は常に正しい、俺が間違う事はない!』 
『貴様!命が惜しかったら俺の言うことを聞きなさい!』 
『勝った…俺はキバに勝った!勝ったんだー!』 
『今日はいい天気だ。さあ、これでも飲みなさい』 
『こ れ は ひ ど い』 
『俺に…同じことを二度言わせるな!』 
『ま た お ま え か』 
『バカな…この俺が…イクサが負けるなんて!嘘だ!嘘だー!』 
『俺は強い!俺は強い!』 
『離せ!俺を知らないのか!俺は名護だぞ!!』 
『俺は負けてない…負けたのはイクサだ!』 
『お前達には無理だ。見なさい、イクサの新しい力を!』 
『五反田…俺の五反田!』 
『お前の命!神に返せ!!』 
『離せ!俺はバウンティハンターの名護啓介だぞ!!』 
『おまたせ。』 
『俺は俺の理想郷を作りたいんだ、一点の曇りもない美しい世界を』 
『噂には聞いている。盛りのついた男と女が体に悪い飲み物を飲みながら不道徳な行為に及ぼうとする不埒な会合だと』 
『タン塩カルビハラミ特上骨付きカルビレバ刺しセンマイ刺し特上ハツビビンバクッパワカメサラダ激辛キムチサンチュでサンキューや』 
『なるほど。皆を管理、統括するわけか。ならば私の役目だ、皆に命令する』 
『こんなくだらない会合を今すぐ解散しなさい。俺はそれを言うためにここに来たんだ』 
『あんなものに出て、俺の魂はほんの少しだけ汚れてしまった…そんな気がする』 
『イクサを奪われたのは私の責任です、私が未熟だから、弱いから、だからこれはお返しします』 
『見なさい…イクサの新たなる力を!』 
『俺は未来を変えるんだ…必ず』 
『さよなら…俺の初恋』 
『俺は、すばらしき青空の会の戦士だ!』 
『どうだ、これが俺の遊び心だ!』 
『実家に帰りなさい。め・ぐ・み・ん。』 
『そっとしておいてあげなさい。彼は今友のこと、恋のことで大きく悩んでいるんだ。或いはこのままずっと、風呂から出てこない可能性がある』 
『俺の弟子になりなさい』 
『彼にはもう興味無い、いや、元々無かった』 
『恵!トドメはキミがさしなさい』 
『違う!修 業 の 一 環 だ』 
『あなたは間違っている、今すぐ修正すべきです』 
『そんなことで喜ぶとは小市民め!』 
『小吉をよこしなさい!』 
『俺はお前のコーチになると決めた。』 
『この服を着なさい。』 
『おそろいのTシャツを着て気持ちを一つにするんだ。』 
『ちなみにこの数字は7(名)5(護)3(さん)』 
『常に俺の名前を抱き、正義を行いなさい。』 
『今だ!ライジングになりなさい!ラ・イ・ジ・ン・グ』 
『魑魅魍魎跋扈(ちみもうりょうばっこ)するこの地獄変。名護啓介はここにいる。イクサ爆現!』 


39話 

『何かな?相談とは』 
『それは良い事だ!勇気が無ければ出来ることではない』 
『任せなさい。俺が悪いようにはしない』 
『冗談ではない。俺はこの目で見た、彼は間違いなくキバだ』 
『だが慌てることはない』 
『キバは人類の敵だと思っていたが、彼のような穏やかな人格なら何も心配はない』 
『俺が太鼓判を押そう』 
『さあ、みんな杯を持ちなさい』 
『キバが紅渡君であったことに、乾杯しようじゃないか!』 
『そうだったのか…まさかとは思っていたが』 
『排除するとはどういう意味です!』 
『これは…!』 
『キバが君で安心していた…だが半分ファンガイアとなれば話は別だ』 
『何かの間違いであってくれれば良いと…思ったが残念だ』 
『次に君がキバとなったとき、俺は君を倒す!』 
『さけることは出来ない!それが使命なんだ!』 
『君を倒すことが人類のためになると、俺は信じている』 
『はあっ!』 
『すまない、手元が滑った』 
40話 

『やめろ!』 
『渡君!』 
『その必要はありません』 
『放っておいてもキバは自滅します』 
『紅渡の中に宿る、人間とファンガイアその狭間で彼の心は二つに引き裂かれるでしょう』 
『恵を襲った事実に耐えられず…』 
『紅渡、この俺が必ず救ってみせる…必ず!』 
『なんだこれは』 
『落ち着きなさい、何があった』 
『渡君、開けなさい!私だ、名護だ!渡君!渡君!』 
『出てきなさい!渡君!渡君!渡君!』 
『健吾…』 
『渡君来てくれ!健吾が危ない!君の力が必要だ!渡君!渡君!』 
『今に分かる!イクサの力はこんなものじゃない!』 
『健吾!』 
『信じてたぞ!やっぱり君は俺の思った通りの男だ!』 
『どういうことだ!』 
『渡君…』 
『どうした、元気がないな』 
『渡君のことだろう』 
『だが、どんな深い夜になってもやがて太陽は昇る』 
『どんなに硬い蕾でもやがて華となって咲き誇る』 
『雲がどんな厚くても、その向こうには星が光る』 
『どんなにまずい食い物でもやがて血となり、肉となる』 
『野獣の…勘だ』 
『こんなことだろうと思った』 
『行くぞ!』 
『渡君!渡君!』 
『まさか…電流を流していたとは』 
『渡君!』 
『渡君!はぁ!あっ!うわぁー!』 
『魑魅魍魎跋扈(ちみもうりょうばっこ)するこの地獄変。名護啓介はここにいる。イクサ爆現!』 
"http://ansaikuropedia.org/wiki/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85:0w0" より作成
     

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス