B'zの盗作元ネタ

提供:Copipedia
移動: 案内, 検索


「憂いのGYPSY」(「IN THE LIFE」)
「What It Takes」AEROSMITH(「Pump」)
イントロとAメロがそのまんまですね。
でも「憂いのGYPSY」のサビとブリッジが好き。でもエアロのサビとブリッジも好き。どっちも好き。
エアロスミスのアルバム「PUMP」は1曲目の「YOUNG LUST」が最高にぶっ飛んだ曲で、2曲目の「F.I.N.E.」といい、アメリカンロックの最高峰って感じ。

「Don't Leave Me」(「The 7th Blues」)
「Cryin'」AEROSMITH(「Get a Grip」)
イントロがそっくり。
「Don't Leave Me」はまさにアメリカンハードロックってかんじでかっこいいでしょう。稲葉さんも長髪だったし。「The 7th Blues」が最高のアルバムだった。でもやっぱスティーヴン・タイラーのヴォーカルはすごいなあ。
エアロのアルバム「GET A GRIP」は「Livin' On The Edge」「Cryin'」「Crazy」「Amazing」と名バラードが多いなあと。でも「FEVER」はやっぱりぶっ飛んだ曲です。

「夜にふられても」(「OFF THE LOCK」)
「WILD IN THE STREETS」BON JOVI(「Slippery When Wet」)
イントロとAメロがそっくり。
「夜にふられても」は初期の名曲でしょう。
ボン・ジョヴィの「SLIPPERY WHEN WET」はロック史に残る名盤でしょう。というか事件でしょう。あの「LIVIN' ON A PRAYER」をはじめ、全曲傑作名曲といった感じ。BON JOVIの最高傑作でしょう。

「GUITAR KIDS RHAPSODY」(「OFF THE LOCK」)
「WITHOUT LOVE」BON JOVI(「SLIPPERY WHEN WET」)
イントロとAメロがそっくり。
「ギターキッズラプソディ」もいい曲。ライヴで聴きたい。「WITHOUT LOVE」もいい曲。「SLIPPERY」いいアルバム。

「THE GAMBLER」(「RUN」)
「LET IT ROCK」BON JOVI(「SLIPPERY WHEN WET」)
イントロのキーボードがそっくり。それだけ。
B'zのLIVEでおなじみの増田さんらしい弾き方だなあと。

「OH!GIRL」(「OFF THE LOCK」)
「BORN TO BE MY BABY」BON JOVI(「New Jersey」)
Aメロのバッキングが同じ。
「OH!GIRL」は「BUZZ!!THE MOVIE」と「Mixture」のアレンジの方が好きだなあ。初期のライヴの定番曲。
BON JOVIの「NEW JERSEY」は前作「SLIPPERY WHEN WET」の大成功のあとということだけあって、プレッシャーもあっただろうに、それをはねのけ見事大傑作第2弾を作り上げたという名盤。「Lay Your Hands On Me」や「Bad Medicine」という名曲がある中、私が好きなのは「Blood On Blood」。
こうして見ると、B'z「OFF THE ROCK」はBON JOVIを意識したアルバムらしい。そして「SLIPPERY WHEN WET」は最高のアルバムだ。

「Mannequin Village」(「Don't Leave Me」2nd beat)
「MAN ON A MISSION」VAN HALEN(「For Unlawful Carnal Knowledge」)
イントロのギターリフをコピー。
すごいテクニックでしょう。「マネキンヴィレッジ」の方はトランペットが入っていてよりかっこいい。
ヴァン・ヘイレンの「F@U#C%K」は名盤。ライトハンド奏法を生み出したギターの革命児エディ・ヴァン・ヘイレンは「POUNDCAKE」ではドリル奏法を披露。「TOP OF THE WORLD」は「JUMP」を超えた名曲。

「破れぬ夢をひきずって」(「The 7th Blues」)
「RIGHT NOW」VAN HALEN(「F@U#C%K」)
イントロが似てる。
「RIGHT NOW」のギターソロが最高にかっこいい。エディ最高!ちなみにエディはピアノも弾く。

「ギリギリchop」(「Brotherhood」)
「Hot For Teacher」VAN HALEN(「1984」)
ドラムのあの速い感じ、そしてギターソロ。
「ギリギリ」のあの激しさは衝撃的だったけど、VAN HALENが先にいたとは。でも「ギリギリ」の方がより激しいよね。
「1984」はあの「JUMP」を収録した名盤。でも私としてはサミー・ヘイガーのヴォーカルの方が好きなので、「5150」以降のVAN HALENの方が好き。デイヴィット・リー・ロスも悪くはないけども。

「Real Thing Shakes」(「Treasure」)
「Highway to Hell」AC/DC(「Highway to Hell」)
「Back In Black」AC/DC(「Back in Black」)
ギターリフが似てる。そして歌い方。
「Real Thing Shakes」もライヴで聴くとかっこいいロック。AC/DCっぽい曲。
「Summer Nights」VAN HALEN(「5150」)
イントロが似てる。
「5150」はVAN HALENの中では一番好きなアルバム。「DREAMS」「LOVE WALKS IN」この2曲が最高。

「愛しい人よGood Night...」(「RISKY」)
「Home Sweet Home」MOTLEY CRUE(「Theatre of Pain」)
ピアノ伴奏の感じ。終わり方。ギターソロ前の「そのわけを~OH~YEAH~」と「Tonight~Tonight~」のシャウトが似てる。
「Home Sweet Home」は最高のロック・バラード。この曲に関してはB'zはオリジナルを超えられなかった、と個人的には思う。

「ALONE」(「IN THE LIFE」)
「Time For Change」MOTLEY CRUE(「Dr. Feelgood」)
Aメロがそっくり。
モトリーのほうはアレンジが全然作りこんでいないので、「ALONE」の方が全然完成度が高い。
「DR.FEELGOOD」はモトリー・クルーの最高傑作。「DR.FEELGOOD」「Kick Start My Heart」「Same Ol' Situation」他、どれもすばらしい曲ばかり。

「GIMME YOUR LOVE」(「RISKY」)
「LIVE WIRE」MOTLEY CRUE(「Too Fast for Love」)
「愛の力があるならマジで信じたい」のとこがそっくり。
「LIVE WIRE」最高すぎる!
「TOO FAST FOR LOVE」はモトリーの1st。チープな音だけど、曲はいい。「ON WITH THE SHOW」が最高。

「だからその手を離してMixture style」(「Mixture」)
「DR.FEELGOOD」MOTLEY CRUE(「DR.FEELGOOD」)
Aメロのギターの重い一音弾きが似てる。それだけ。
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
姉妹サイト
ツールボックス